社員教育訓練

助成金を活用して社員教育コスト削減

 

 会社で一番大事なのは『人』すなわち社員です。 この人の教育がうまくできるかどうかが会社を成長させる鍵になると思います。 特に社員教育には時間とお金がかかるのですが、必ずやっています。 それはOJTという形でベテラン社員からの実地研修です。 また、OFF-JTとして社内研修(座学)です。 厚生労働省では、労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、助成金制度を設けております。 国が活用を促している制度を有効に使うお手伝いをさせて頂きます。

10-2

 

 

求人では求人広告の書き方を支援

 企業にとって良い人材を採用するには、求人を見た求職者に「募集要項」「会社の全体の方向性」が明確に伝わるかどうかが大切になってきます。会社の情報を正確に伝えられることによってターゲットが絞られ、効果的な求人対応ができます。
 (株)キャリアデザインはより良い求人広告の記載方法を支援いたします。

 

雇用はキャリアアップ助成金

 キャリアアップ助成金とは、非正規雇用の労働者のキャリアアップを支援することが目的の助成金です。 全部で6つのコースあるので、自社に合ったコースを選ぶことができます。
1、「正規雇用等転換コース」…有期契約労働者等の正規雇用等への転換等を助成します
2、「人材育成コース」…有期契約労働者等に対する職業訓練を助成します
3、「処遇改善コース」…有期契約労働者等の賃金テーブルの改善を助成します
4、「健康管理コース」…有期契約労働者等に対する健康診断制度の導入を助成します
5、「短時間正社員コース」…労働者の短時間正社員への転換や新規雇入れを助成します
6、「短時間労働者の週所定労働時間延長コース」…短時間労働者の週所定労働時間を社会保険加入ができるよう延長することを助成します

nagare02

詳しい内容は「厚生労働省」のホームページに記載されております。↓
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/index.html?utm_medium=twitter&utm_source=twitterfeed

社員教育はキャリア形成促進助成金、キャリアップ助成金(人材育成コース)

 有期契約労働者等を対象に、一般職業訓練(OFF-JT)、または有期実習型訓練(OFF-JT+OJT)を行った場合に受領できる助成金です。
 受領できる助成金額は以下の表をご覧下さい。

10

 

教育訓練は外部の教育訓練機関との連携で対応

 キャリアアップ助成金(人材育成コース)は、外部の教育機関と提携して訓練を行います。
(株)キャリアデザインが提携している教育訓練校「IBCアカデミー」で行うことができる訓練一覧となっております。

「建築」

建築業界利用率No.1のフリーソフトウェアを使いこなす



 

「WEB」

ソフトウェアを使いこなしてHPデザインから製作までの技術を身に付ける



 

「介護」

介護に関するあらゆる知識や技術をを身に付ける

 

上記の訓練は「職業訓練校 IBCアカデミー」で行われます。

10

 

10

ピックアップ記事

27

2014-3-25

社員教育訓練

ページ上部へ戻る